T-POINT Tポイントが貯まる、使える!詳しくはコチラ

海外発送/国際配送サービスの転送コム

先輩とマイナビのオススメ商品を学割で!

マイナビストア|学生の窓口

ようこそゲストさん

カート(0点)

一人暮らしスタートガイド

この春から新生活が始まる皆さんへ。「初めての一人暮らしで何からしたらいいか分からない!」「お金はどのくらいかけるのだろう?」と不安な人も多いはず。そこでマイナビストアでは全国の先輩大学生400名に一人暮らしに関するアンケートを実施しました。一人暮らしをするために必要なお金、モノって何だろう?そんな疑問にお答えします。

数字で見る、一人暮らし生活費 実態調査

一人暮らし初期費用の総額は、5~10万円程度が相場。

アンケートの結果、全体の約18%が10万円と回答。次いで5万円、20万円の順に多い結果となりました。総額10万円以下が全体の70%程度を占めていますので、新生活初期に爆買いはせず、必要なものだけをまずは購入する傾向が見て取れます。

一人暮らしの家電必需度は、洗濯機が1位。

洗濯機が63%で堂々の1位という結果になりました。一人暮らしマストアイテムの家電が上位を占めていますが、電気ケトル(26%)やプリンター(23%)が意外に人気なことがわかりました。

インテリアアイテムの合計費用は2~3万円程度がボリュームゾーン。

ソファやデスクなどのインテリアにかけた費用を3万円と回答した人が一位。先輩たちは、一人暮らし生活に必要なものだけを購入しているのかもしれませんね。

寝具にかかった費用の相場は2万円程度。

また、一人暮らしので購入する寝具は、「かけ布団」「敷布団」「枕・抱き枕」の順に多い結果となりました。

一人暮らしを始めるために購入したPC周辺機器は、ノートPCが56%で第一位。

大学生の一人暮らしではノートPCが圧倒的なシェアを占める結果になりました。スマホでレポートを書く大学生も増えてきています。

まとめ
一人暮らしの最初の家はワンルーム8畳程度、家賃6~7万円が相場
引っ越しで家具家電に使った費用は30万円程度が相場
同じ大学の先輩や親に相談をしておけばよかったという意見が多数

マイナビストアおすすめコンテンツ

新生活一人暮らしチェックリスト

新生活一人暮らしチェックリスト

新生活を始めるときに何をしたらいいか?頭の整理ができずに困ることもあるでしょう。「一人暮らしが始まるまで」と「始まった後」でやっておいたほうがよいことをチェックリストにしました。段取りに抜け漏れがないように、事前にチェックしておきましょう。

合格~部屋が決まるまでにすること

学校周辺の駅・街の調査をする

晴れて合格!一人暮らしのお部屋を決める前に、まず始めに学校周辺の「駅」を調べましょう。学校までの鉄道やバスのアクセス、移動手段などを細かく調べます。
駅を調べた後は、住みたい「街」の調査です。アクセスだけを考えると、学校からもっとも近い駅の周辺で物件を探しがちですが、自分の住んでみたいエリアや雰囲気が好きな街などがきっとでてくることでしょう。駅の周辺の治安が良いか、夜遅くまでやっているスーパーがあるかなども、街の特徴把握には大事なポイントです。

物件の下見をする

住みたい街を決めたあとはその地域で物件を探します。物件は最初から一件に絞らず、複数の物件を見比べて決めるとよいでしょう。駅前の繁華街には必ずといってよいほど不動産屋がありますので、そこに相談をすることをオススメします。駅からのアクセス、スーパーやその他商業施設が周辺にあるか、家賃や駐輪場代などをチェックしましょう。

先輩に話を聞く

自分の身の回りに一人暮らしをしている先輩はいますか?両親や学校の先生にアドバイスをもらうのも大事ですが、一人暮らしは現役学生である先輩に話を聞くのがベストです。今暮らしている部屋をどのように決めたか、買い物はどこでするのか、バイトはどうやって探したか、色々聞いてみると有益なアドバイスがもらえるでしょう。

大学、バイト、遊びなどの"生活スタイル"をイメージしてみる

具体的に大学生活やバイト、友達と遊ぶことなどをイメージして自分の理想的な「生活スタイル」に合わせて物件を選びましょう。多くの方が、学生生活を通じて2~4年暮らすことになる部屋です。最後は自分の直感やイメージを大事にして悔いのない選択をしましょう。

部屋が決まってから入学初日までにすること

入居日を決める

両親や不動産会社と相談して入居日(引っ越し日)を決めましょう。入居日=契約開始日となりますので、無駄のないスケジューリングが家賃の節約にもつながります。

引っ越し会社を選定する

引っ越し日が決まったら、引っ越し会社を選定します。引っ越し比較サイトなども数多くありますので、相見積もりをとって一番サービスが良く費用も抑えられる業者を選びましょう。

入居後にライフラインを開通させる

ライフラインとは「電気・ガス・水道」のこと。入居初日にライフラインがきちんと通っていないと生活に支障をきたすので、不動産会社や大家さんにも確認して開通の手続きをしておきましょう。

家具・家電の買い物リストをつくる

生活に必要なものを書き出して、買い物リストを作りましょう。特に家具・家電はあれもこれもと欲しくなってしまうものですが、「これは絶対に必要!」と思うアイテムだけを書き出しておくことで、無駄な買い物や買い漏れを防ぐことができます。

入学してからすること

入学式~入学後の行事・イベンに参加する

入学した日にはオリエンテーションやサークル勧誘イベント、キャンパスツアー、奨学金に関する説明会などさまざまなイベントがあります。参加を逃すと二度とチャンスがないものもあります。学校のウェブサイトや、郵便物(手続き関連資料)をくまなくチェックし、スケジュールのチェックをこまめに行いましょう。

駐輪場の登録

自転車通学をする人は忘れないうちに駐輪場の登録申請をしておきましょう。地域によっては先着順や抽選のところもあります。

通学定期券の発行

電車やバスで通学する人は定期券(Suicaなど)を発行しておきましょう。

災害発生時のトラブル対応方法を確認する

部屋の壁に穴が開いたときや、天井から水漏れトラブルが発生したときなど、どこに連絡をすればよいかを事前に把握しておくことが大切です。

新生活一人暮らし買い物チェックリスト

新生活一人暮らし買い物チェックリスト

新生活の一人暮らしで何を買えばいいのかは、誰もが一度は直面するテーマです。部屋の広さ、使える予算などを基準にして必要性の優先順位付けをし、今すぐ必要なものを明確にすることが重要です。下記に買い物チェックリストを作りましたので、ぜひ参考にしてみてください。

マストアイテム(無くては生活に困るもの)

アイテム 選ぶ際に気を付けるポイント
ベッド・布団 素材(羽毛、綿など)、サイズ、四季に対応できるか
テーブル サイズ、高さ、材質、椅子・ソファとのバランス
冷蔵庫 容量が適切か(一人暮らしは130~240L程度がおすすめ)
洗濯機 置き場所(室内・外)、搬入経路、洗濯物を干す場所
電子レンジ オーブン機能有無、消費電力量
ガスコンロ/IHヒーター 部屋に据え置きか、口数、安全機能(過熱防止など)
エアコン 部屋の広さ、建物が木造か鉄筋か、省エネの程度
ノートPC Windows/Macか、重量、容量・スピード、内蔵ソフト
wifi wifiルーターか光回線か、契約期間、工事費用、スマホ割の有無
掃除機 重量、吸引力、静音機能、手入れのしやすさ
炊飯器 容量(3合炊きができれば十分)、メニュー(無洗米・玄米対応しているか、など)
食器類 大皿、小皿、茶碗、汁椀、丼、コップ、シルバー(スプーンなど)、箸一式
カーテン 置き場所、高さ・幅、レールの形状、色(部屋の印象に影響)
ドライヤー 風量、温度調節が可能か、重量、デザイン(折りたためるか)、消費電力量
タオルなど日用品 タオルの場合は身体・顔・髪を拭く用、キッチン・トイレ用など。
バスタオルは1~2枚で、選択が楽なファイスタオルを多めに。

ウォントアイテム(あったら便利なもの)

アイテム 選ぶ際に気を付けるポイント
テレビ サイズ、画質、録画機能有無、テレビゲームとの連携方法
姿見(鏡) 置き場所、サイズ
ソファ 置き場所、サイズ(一人掛けか二人掛けか)、肘置き有無、座り心地、お手入れしやすさ
部屋干しスタンド サイズ、置き場所
デスク・チェア 用途、置き場所、リクライニング・ロッキング、材質、形状
扇風機 風量、スリムファンやサーキュレーターとの比較、消費電力量、リモコンの有無
加湿器・除湿器 加湿の方式、設置タイプ、除湿の方式、除湿能力
スチーマー・アイロン 本体電源コードの有無、かけ面の素材、重量、消費電力、アイロン台
ヒーター ヒーターのタイプ、燃料の種類
ラグ 利用シーン、素材、カラー(部屋と調和しているか)
乾燥機付き洗濯機 容量、洗濯方式、乾燥方式、開閉方向
カラーボックス(収納) 置き場所、サイズ、カラー(部屋と調和しているか)
体重計 測定タイプ、計測できる項目、通信機能の有無

要検討アイテム(あると便利だが、目的や用途別に購入検討した方がよいもの)

アイテム 選ぶ際に気を付けるポイント
デスクトップPC ノートPCでは目的を満たせないか?オーバースペックではないか?
スピーカー(ステレオ) どのような用途で使うか?持ち運びができるか?
こたつ 置き場所はあるか?オフシーズンに収納するスペースはあるか?
オーブン どんな用途で使うか?電子レンジでは機能は不十分か?
ホットカーペット 他の暖房器具では代替できないか?利用シーンはイメージできているか?
まとめ
新生活の一人暮らしが決まったら、やることを洗い出す
「部屋が決まるまで」「入学初日まで」「入学後」それぞれのタイミングでやるべきことを実行する
一人暮らしに必要なアイテムは、自分の大学生活イメージや使える費用をもとに優先順位をつけて購入する

一人暮らしでの新生活が決まってから入学までにやること、買うものは想像以上に多くあるものです。両親や友達・先輩に相談しながら、本当に今必要なこと・モノを明確にして新生活準備をしていきましょう。 マイナビストアで、気持ちよい新生活のスタートダッシュをしてみませんか?

執筆:大西望美 編集:クラウドワークス
ライフスタイル、ファッション、美容などの分野を中心にライターとして執筆活動中。留学やファッション業界の実務経験を活かし、クラウドソーシングライターとしてWEBメディアの記事制作を多数担当。読む人の生活が今よりも充実するようにという願いを込めて記事を届けている。

マイナビストアおすすめコンテンツ